本当に意味のあるエコとリサイクルを考える

エコ活動の大切さを日に日に実感する中で、誰にが気軽に実践できるものとしてトレーのリサイクルをあげる。

サイト内検索(by Google)
本当に意味のあるエコとリサイクルを考える

トレーのリサイクルによるエコ活動

今地球の資源に対するエコ意識が高まっています。今有名企業なども含め、政府も一人一人にエコ意識なるものを植え付けるようにいろんな活動をしています。そんな中で、日本においては、国民皆んなが自然とエコに対する認識を持ちつつあるのではないでしょうか。例えば、今やエコという言葉を聞いて、わからないと答える人は少ないと思います。小学生だって、なんらかしらエコ活動を取り組んでいると思いますし、私たちが生活するうえで、今やエコ商品を全く使わないなんて考えられませんよね。例えば、エコ商品といえば、紙製品全般が最近は何らかしらのエコ商品になっています。つまり、再生紙利用の商品がほとんどですよね。紙を製造するにも石油が必要になりますが、古紙を利用することで紙の減少の木の伐採を少しでも減らすことができます。今や木は重要な資源であり、発展途上国の木の伐採が進み、砂漠化が深刻化しています。少しでも伐採する木を減らすためにはこの再生紙を製造する技術が発展したことが大きなエコ活動にもなっていると思います。

また、車も大きくエコへと進歩していますよね。今や燃費がいいのが当たり前で、更には石油に変わる電気自動車など様々な観点からエコへの取り組みが行われています。これらは技術の発展が大きく貢献しているといえるでしょうね。しかし、エコ活動は技術進歩も大きくですが、日常の小さな試みからも取り組むことができます。私達が気軽に全員参加できるようなエコ活動も今やあります。その例がエコバックではないでしょうか。今やスーパーで買い物をするとき、エコバックを使用することを推奨していますよね。これらは誰もが気軽に参加できるし、また一人あたりの買い物袋って結構消費量が多いですから、エコバックの活躍はエコとしてある程度の成果を出すのではないでしょうか。更に今誰もが参加できるものとして、スーパーのトレーなどを自分が利用するスーパーで回収ボックスが設置されており、リサイクル使用ができるといったものです。消費者としては家庭用ゴミを減らすこともできるし、今の日本では生鮮食品はトレーを使用されていることが多いので、トレーをリサイクルするだけでもかなりのエコ活動が期待できます。これからのエコ活動は、誰もが気軽に参加できるものが一番いいですよね。

Copyright (C)2018本当に意味のあるエコとリサイクルを考える.All rights reserved.